73年間の営業に幕・・・横浜「ちぐさ」

関西にお住まいの皆様に、是非お知らせしたい日本最古の老舗ジャズ喫茶「ちぐさ」のレポートです。皆さんはご存知でいらっしゃいますか?

横浜は桜木町野毛山に「ちぐさ」という大変小さなジャズ喫茶が、都市開発の波にのまれ、74年に及ぶ歴史に幕を閉じたことは朝日新聞で大きく取り上げられました。初代オーナーの吉田さんが亡くなられて、そのあと奥様がお店を継ぎましたが都市開発という無情な仕打ちに、店を閉鎖したのは2007年1月のことです。

秋吉敏子さんがこの店に幾度となく通い、アドリブを採譜したほど貴重なレコードが6000枚を超え、このレコードを聴きに日本のTOP JAZZ MUSICIANがお店に来ては、レコードに耳を傾けたそうです。

私も5回ほどこの店に行ったことがあります。頑固おやじの吉田さんがテーブルに座ると、リクエストせよとテーブルの上に大学ノートに手書きで書かれた曲名リストをドサッと置いていきます。この6000枚のLPは一体誰が持っているのか気になります。吉田さんが亡きあと、このLPを巡って騒動も起きたほどです。

朝日新聞の記事をコピーすると著作権違反になりますので下記サイトを訪問下さい。
http://janzy.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_6c5f.html (朝日新聞記事)
http://blog.goo.ne.jp/h-babu0717/e/fe1fa8dad0186b15a2a7aa45b24a3ae7

このジャズ喫茶「ちぐさ」の開店は昭和8年で、パソコンもインターネットも存在しない世の中
で、この大量のLPを一体どうやって入手されたのか知りたいものです。


(筆:高田)


| 1/1PAGES |

カテゴリー

表示中の記事

コメント

RSSフィード

TJC 他のブログ

TOBAN JAZZ CLUB